2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ペット

2022年8月21日 (日)

土曜日に、ぽんすけとお別れしました。

一昨日(18日・木)に、ぽんすけが旅立った後、葬儀会社に連絡をして、火葬の予約を入れました。

遺体が腐らないように、お気に入りのソファの座布団を発泡スチロールの底に敷き、ぽんすけの亡骸を入れました。死後硬直のせいか、体がかちんこちんで、ちょっと無理やり入れました。痛かったらゴメンね。

で、ロックアイスを買ってきて、ぽんすけの体に直接触れないようにロックアイスを2個配置しました。発泡スチロールの威力は絶大で、19時頃入れた氷が、翌日の昼間になっても残っていて、結局新しいロックアイスを買ってきて入れ替えたら、20日(土)の朝になっても氷水の状態で、中は冷えていました。

生前、立ち上がれなくなった時に、おむつをすると、とても嫌がっていたので、おむつを外して、氷水になったロックアイスの袋も取り除き、死後硬直も解けて柔らかくなった体にタオルをかける前に、あらためて眺めていると、本当に眠っているようにしか見えない。頭をつついたら、奇妙な鳴き声で返事をしてきそうだった。でも、そんなことは起きなかった。

10時に予約を入れていたので、ちょっと遅れて業者がやって来た。車に火葬炉が乗っているので、火葬する場所に移動した。

最後に抱きかかえてあげるのは、ぽんすけも非常に懐いていた母親であるべきだと思い、火葬炉にしいてある布団に乗せてあげてと言ったが、どう抱えて良いか分からないと言い出したので、仕方なく猫山が抱きかかえて布団に横たわせた。

抱きかかえた時、体はぐにゃぐにゃで、最後まで生きているよと訴えかけていたしっぽもだらんと垂れていた。この姿を見ることが出来るのは、本当に最後なんだなという思いが湧き出し、とても寂しくなった。

合掌をし、ぽんすけが火葬炉の奥に送り込まれ、扉が閉まる。「点火」という声と共に火葬炉が唸りだす。1時間ほど掛かるというので、車の中で母親と待つ。母親とは何を話すでも無く、猫山は、引越し先のゴミの分別の仕方という冊子を読んでいた。

1時間を過ぎた辺りで、業者の方が火葬が終わりましたと言う。お骨を拾い上げるのに、炉が冷えるまで10分位掛かるので、もう少しお待ちくださいと言うので、待っていると、お待たせしましたと言われ、火葬されたぽんすけの姿を目にした。

長い肢体の骨と頭蓋骨はしっかりと形が残っていた。残りの骨については、業者さんが説明してくれないと分からなかった。そして、お骨の拾い上げを母親と二人で始める。いくら炉が冷えたとはいえ、まだ200度は有るらしいので、母と代わる代わる骨壷に骨を入れていく。そして、最後の骨は母親に入れてもらおうと思い、頭蓋骨を骨壷に入れた後、喉仏が残っていたので、結局、猫山が入れることになった。

最後に業者さんが、拾いきれなかった骨を、刷毛と塵取りで集めて骨壷に入れて、拾い上げは終わった。その後業者さんが骨壷に蓋をして、骨壷袋に入れて母親に手渡してくれた。

骨壷を母親が抱え、車で家に戻った。うちには仏壇などは無いので、父親の写真を飾っているテーブルの隣に骨壷を置いた。線香を灯して、合掌する。これで終わり。何とも呆気ないものだ。

その後、ぽんすけを安置していた発泡スチロールの中身を洗い、ソファの座布団や被せていたタオルは、よく分からないが、洗濯機の前に置いてあった。洗濯して普通に使うのか?それとも思い出の品として取っておくのか?今の所、よく分からない。

その後、何事もなかったようにマックスバリュに買い物に出かける。マックスバリュに行く前に、コンビニに寄り、デジカメの写真を数枚プリントした。デジカメの調子が悪かったのか、3枚中2枚は縦線が入っていて、遺影に出来そうになかった。

次にカメラ屋さんに行く。フォトスタンドに入れる写真は、少し小さく写っていたので、拡大してもらう。もちろんネガなどはないので、写真そのものを持ち込み行ってもらった。

いつのまにかお昼も過ぎていたので、マックスバリュの横にあるマクドナルドで軽食を取る。母親はハンバーガーとホットコーヒー、猫山は普通のチキンナゲットと水。薬を飲むので、ほんの少しで良いので下さいと言ったら、氷の浮かんだ水を持って来てくれた。だから、薬を飲むんだってヨォ。氷が邪魔じゃないですか?けど、お店のサービスなので文句は言えない。今度からは、ちゃんと氷抜きでお願いしなくてはならないです。

で、普通にマックスバリュで買い物をして家に帰る。母親が財布が無いと言い出した。レジに並んでるうちに盗まれたと言い出した。またか、と、いい加減うんざりして、猫山の言ったことを聞かないで、財布を持ち出したことが悪いので、知ったこっちゃないということで、そのまま家に帰る。で、家の中を探させると、案の定思いもよらないところから出て来た。いつも、こうだ。母親の認知症も、段々酷くなって来てるような気がする。

もう、私たちの生活は、平常運転に戻っていた。だけど、ぽんすけは、そこには居ない。


◼︎本日の支出 3,841円


前日の夕食2 食べず ▲280kcal


前日の夜
 チョコレートパフェアイス:225kcal
 チョコチップメロンパン:420kcal


4:00起床(良く眠れなかった。)

7:23
 エスプレッソ:42kcal(50円:貯金箱へ)

10:32
 食パン8枚切り1枚の半分:60kcal


昼食(14:00)夢庵 (母奢り:2,609円)
 若鶏の竜田揚げみぞれポン酢定食:836kcal
 北海道濃厚ソフトダブル:249kcal


夕食 たぶん食べない。


本日の摂取カロリー:1,552kcal
本日の体重:72.3kg(夕食前、風呂上がり、うんこ出ず)


Amazon 1,190円(セルフ貯金より支出)
 Anker iPhone充電ケーブル PowerLine II ライトニングケーブル


ガソリン代 2,601円(17.00L)


残金 5,750円 WAON9,736円 Suica 53円
(WAON8,832円 残高、調整分300円)
(自由に使えるセルフ貯金 8,293円+7,638円)
(ガソリン代5,697円)
(ノーパソ積立14,000円+▲124,000円)
(旅行積立金37,000円+▲23,000円)
(先取り貯蓄+α 15,583円)
(第2セルフ借金 完済!)
(引越し資金 5,894+1,148+621+9,392)

2022年8月18日 (木)

ぽんすけが、旅立たれました。

本日、15時〜16時の間に、ぽんすけが旅立たれました。

前々から調子が悪く、下半身が麻痺状態になっており、前足で引きずるようになりましたが、何かの調子で立ち上がることが出来ると暗く狭い場所に向かって歩き隠れるようになりました。

こうなる前に、発作を2回起こし、2回目は私もいて、バタバタともがき苦しんでいました。病院に連れて行くと、肝臓が悪く血中のアンモニアの濃度が高く、それが脳神経に影響しているらしいと言われました。

発作が起きないような薬をもらい、脱水症状を起こさないよう、1時間に1回スポイトで数ccの水を歯と歯の間から注入して飲ませるようになって、カリカリも食べられなくなったので、チュールを与えても、少ししか舐めず、段々と弱ってきました。

引越しの関係で、17日から18日にかけて新居に泊まり、18日の午後に自宅に戻るため車を運転していると、母親から電話があり、ぽんすけを病院に連れて行くとのこと。で、自宅に着く途中に母親が、ぽんすけを入れたゲージを抱えてるのが見えて、母親の方が先に家に入りました。

ぽんすけ専用のソファーに寝かせており、ぽんすけはそこで、前足と後ろ足をジタバタとして苦しんでるようでした。だんだんと前足が動かなくなり、しばらくすると後ろ足も動かなくなりました。

力無い咳を、コホコホして、とても苦しそうでした。

私も昨日、2日かかると思っていた引越し先の用事を1日で済ませたため、非常に疲れていて、睡眠不足もあったため、30分だけ寝ると母に言って、アラームをセットしていましたが、アラームに気づくことが出来ず寝過ごしてしまい、ぽんすけの処へ行くと、すでに咳もせず、息をしていない状態でした。

それでも、本当に息をしていないか、お腹のあたりの上下運動を注意深く観察してると、本当に僅かに動いているようにも見えるし、目の錯覚のように見えるので、30分近く見ていました。しかし、体を触ると冷たくなっており、最後まで「生きてるよ」と訴えかけていた尻尾もだらんと垂れ下がり、もう、本当に逝ってしまったのだなと認識しました。

明日も用事が有り、限られた時間しか取れないため、ペット葬儀屋に電話して、地元の葬儀屋を紹介してもらい電話をもらうと、もう予約で埋まっており、明後日しか空いてないと言われた。明後日なら時間はいつでも空いてるということなので、朝一で頼んだ。

電話連絡が終わると、遺体の保存に取り掛かる。夏なので気温が高いことから明後日まで放置しておくわけにもいかないので、発泡スチロールのケースにソファの敷布団を底に敷き、ロックアイスを買いに行く。近くのセブンイレブンに行くと売り切れ。仕方ないので、次に近いローソンに行くと置いてあった。1.1kg入りを2袋買ってきて、ぽんすけの体を潰さないように、隅に立つ形でロックアイスを配置した。どれくらい持つか分からないので、エアコンで室温も下げておく。寝る前に一度確認して、翌朝、氷を買いに行くことになるだろう。

暫くすると、母親が、ぽんすけが生きてると言い始めた。なんでも目を開けたそうだ。そうならば、私も嬉しいが、発泡スチロールの箱に入れる時の死後硬直状態と体が冷たくなっていたことから、一応、蓋を開けて見てみたが、体は硬直したままで、当然何の反応も無い。

母親は、ぽんすけの死を受け入れることが出来ず、普通なら1日は遺体を安置するのに、あんたは、やることが早過ぎると文句を言ってくる。いい加減、私も切れて、だったら自分が好きなようにやれと言うと、「もうダメに決まっている」と言ってきて、まるで私の責任のように言ってくる。

母親はぽんすけを溺愛していた。だから死を受け入れられないことは分かる。だけど、猫山だって、長年時を過ごしてきたので情は有るし、病院の先生にぽんすけの状態を電話連絡し、もう死んでいると告げられた時、抑えていた感情が爆発し、普通に言葉を発することが出来なくなり、やっとのことで、先生に有難うございましたとの言葉を伝えた。

その後、1時間位、横たわるぽんすけを見ていたが、事実を受け入れなければならなかった。ああ、本当に旅立ってしまったんだなと。


◼︎本日の支出 2,628円


前日の夜
 たれ串団子3本:423kcal


7:20起床

朝食
 塩パン ベーコンチーズ:131kcal
 バターロール3個:279kcal


昼食 OKストア
 まるごとチョコバナナ:440kcal
 バターロール3個:279kcal


18:00
 バナナ:90kcal
 缶コーヒー:52kcal(50円:貯金箱へ)


夕食 未定


本日の摂取カロリー:1,694kcal
本日の体重:まだ入っていないので、明日書きます。


OKストア 128円
 まるごとチョコバナナ(20%引き)
(1週間の残額:2,876円)


引越し先の自治会費 2,450円(先取り貯蓄+αより支出)
 7ヶ月分 1ヶ月350円


残金 5,800円 WAON10,544円 Suica 53円
(WAON 11,897円 残高、調整分652円)
(自由に使えるセルフ貯金 12,570円+7,638円)
(ガソリン代8,298円)
(ノーパソ積立14,000円+▲124,000円)
(旅行積立金37,000円+▲23,000円)
(先取り貯蓄+α 15,583円)
(第2セルフ借金 完済!)
(引越し資金 5,854+1,148+621+9,392)

2022年6月27日 (月)

ぽんすけ、もうダメなのかな?

飼い猫のぽんすけ、2月頃、体調を崩して、もうダメかなって思ってたら元気になった。けど、今は、その頃と比べて半分くらいにやせ細って、日に日に元気が無くなっていく。

18年も生きてきたので、もう、十分長生きの部類に入るから仕方ないけど、毎日、こんな姿を見ていると、明日の朝には、もう逝ってしまうのかもしれないという考えがうかんでしまう。

もう、1ヶ月も持たないかもしれない。

しかし、そんなことを考えながら、ペット葬のサイトを調べている自分がいる。

悲しいけど、仕方がないことだ。


◼︎本日の支出 150円


前日の夜
 爽(バニラ):230kcal
 雪見だいふく2個:332kcal


朝食
 缶コーヒー:52kcal(50円:貯金箱へ)
 レーズンパン1個:89kcal


昼食 道頓堀(奢って貰った)
 お好み焼き:500kcal


雪見だいふく:166kcal
アイスクリーム:170kcal(100円:貯金箱へ)


夕食 予定
 ごはん:180kcal
 水餃子:180kcal


本日の摂取カロリー:1,899kcal
本日の体重:74.4kg(夕食前、風呂上がり)


残金 3,510円 WAON7,407円 Suica 53円
(WAON 7,261円 残高、調整分1,541円)
(自由に使えるセルフ貯金 5,291円+9,596円)
(ガソリン代6,399円)
(ノーパソ積立10,000円+▲124,000円)
(旅行積立金35,000円+▲25,000円)
(先取り貯蓄+α 14,033円)
(第2セルフ借金 ▲5,000円)

2022年2月 9日 (水)

ぽんすけの元気がない。

うちで飼ってる猫のぽんすけ、最近元気がありません。

餌を食べる量も減ってきて、水もあまり飲まなくなり、1日中寝てることが多くなりました。

これって、やっぱり、もう永くはないってことなんでしょうか?

ネットで調べてみると、そういう症状が見られるようです。

18歳なので、人間で言えば90歳くらいだそうです。

やはり、そういうことなんでしょうか。

ぽんすけが、もしそうなってしまったら、猫山も悲しいですが、何もかもが嫌になるような悲しさがあるわけではありません。

それより、むしろ母の方が心配です。

1日中ぽんすけと暮らしていて、心配しているので、もしもぽんすけが逝ってしまったら、母の方ががっくりとしてしまい、そこから悪い方向に行ってしまうような気がします。

ぽんすけは、母の生きがいになってるので、永く生きてもらいたいのですが、さすがにあと10年も生きるようなことはないでしょう。

病院にも行って、そういう話をしているので、母もある程度覚悟してるかもしれませんが、どうなってしまうかが心配です。

手乗りのセキセイインコ飼えば、少しは元気になるのだろうか。

でも、今は、そういう話も出来ないので、どうしたら良いのだろう。


◼︎本日の支出 120円


前日の夜
 りんご:120kcal
 レーズンパン1個:85kcal
 チョコバッキー:158kcal (60円:貯金箱へ)
 雪見だいふく:154kcal
 チョコバッキー:158kcal (60円:貯金箱へ)


朝食
 バナナ:90kcal


昼食
 レーズンパン1個:85kcal


 レーズンパン1個:85kcal


夕食 予定
 ぶっかけうどん:198kcal


本日の摂取カロリー:1,133kcal
本日の体重:80.8kg(夕食前、風呂上がり)


残金 2,820円 WAON 9,540円 Suica 53円
(WAON 12,300円 先取り、調整分▲188円)
(自由に使えるセルフ貯金 8,330円+1,943円)
(ガソリン代4,999円)
(ノーパソ積立2,000円+▲124,000円)
(旅行積立金31,000円+▲29,000円)
(先取り貯蓄+α16,473円)
(第2セルフ借金 ▲18,000円)

広告