2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

家について

2015年8月 9日 (日)

家の修繕について

祝!3千万円突破!!と、小躍りして喜びたいと思ってましたが、そのちょっと前にハウスメーカーから屋根と外壁の防水の点検の案内が届きました。
この時点では120万円という案内が来ており、これを依頼することにより、財産が再び3千万円を切ることが確定したため、ショボンとしてる次第です。

現在私は、一軒家に住んでいます。
10年程前に、建て売り住宅を買いました。
一応、35年保証ということなのですが、5年ごとにシロアリの防除、10年目に屋根や壁の防水等の修繕を「指定の業者」で行わなければ、保証の延長がされません。

シロアリは仕方なく、家にかかるお金として計上していましたが、まさか屋根や壁の修繕などがこんなに早く来るとは思っていませんでした。(いつかは修繕しなくてはならないとは考えており、それは退職金で賄おうと考えてました。)

今回契約した内容は、シロアリ防除、屋根・外壁の塗装、足場組みで合計121万円(税込)となります。

これは全くの不意打ちで、シロアリ防除しか考えていなかったので、人生設計やり直しもんです。

この先のメンテナンスにかかる費用はいくらかかるか分かりませんが、5年ごとにシロアリ防除が今回を含めないであと4回(50万円)、5年ごとの防水工事が3回(390万円)、20年目の構造体の修繕、これはいくらかかるか分かりません。ただ、防水工事以上に費用がかかると思われるため、300万円くらい考えておきます。合計すると740万円かかることになります。

一応メーカーに問い合わせたところ、5年ごとの防水工事は状態が良ければ修繕しないということらしいのですが、あちらも商売なのでなんだかんだ言って、修繕することになると思います。

54才の3月でリタイアする予定でしたが、5年後の修繕の様子を見て、まだまだお金がかかるようでしたら、退職時期を1年伸ばすしかないかもしれません。

広告